ヒロナblog

1992年生まれ♂。2016年より会社員やってます。浪人したり転職ブランクつくったり、流れ流され生きています。暇なときに読みに来てもらえるようなブログを書いていきたいと思っています。カメラ、映画、音楽(B'z,COLDPLAY)

カメラにハマった日 ー稲村ケ崎からの夕日ー

僕はカメラが好きです。

 

f:id:Hirohirona:20200321220645j:plain

 

社会人になってお給料をもらい、はじめての大きな買い物はカメラだったと思います。

カメラは大学生の頃から気になっていたけれど、コツコツ貯めていたアルバイト代を削ってまで買いたかったかというと、そこまでではありませんでした。

 

社会人になり、少しお金に余裕が出てきた僕は、小さいミラーレスカメラを買いました。

旅行の思い出を、スマホではなくてちゃんとしたカメラで記録しておきたいというのが購入の動機でした。

 

最初は使い方がよく分からなかったけれど、持ち歩いているうちにカメラの面白さに気が付き、どっぷりとハマってしました。

 

夕陽を撮った日

カメラを買った僕は、とにかくどこかへ出かけて行きたかったです。

このカメラを持って出掛ければ、オシャレにカメラを持ち歩いていた友人のように、カメラ男子の仲間入りできるような気がしました。

カメラの機能も使い方も分からないけれど、、、。

 

僕は、鎌倉に出掛けてみました。

何を撮って良いのか分からないけれど、カメラを首から下げて観光地を歩いていることで、観光地に溶け込むことができる気がしました。

当時は平日が休みだったので、友達と休みが合わず一人で出かけることが多かったのですが、一人手ぶらで見知らぬ街を歩いていると、人から

この人何してるんだろう、とか

寂しくないのかなとか

思われてるんじゃないかと想像すると怖かったです。

 

でも、カメラを首から下げていれば、

「僕は観光にきました。普通の観光客ですよ」

っていう無言のメッセージが発信されて、その観光地の色に溶け込むことができます。

 

f:id:Hirohirona:20200321213656j:plain

 

僕はカメラを 味方につけることで観光客色に染まり、人の目をあまり気にすることなくひとり旅を楽しみました。

鶴岡八幡宮小町通り、銭洗い弁天...

修学旅行で行くような鎌倉の定番スポットをめぐったのを覚えています。

 

でも、写真が残ってないんです。。。。

カメラを持って出掛けたものの、何を撮っていいのか分からなかったです。

こんなに魅力いっぱいの鎌倉だけど、僕が撮るような観光写真はネットで検索すれば出てくるようなものばかり。

果たして、撮る意味があるのか・・・・。

 

カメラをロクに使ってもないのに、そんなことを考えていました。

たぶん、ほとんどカメラを使いこなせなかったので、カメラを操作するのが億劫だったのだと思います。

 

僕は、この旅の締めくくりに稲村ケ崎に江の島と夕陽を見に行くことにしていました。

綺麗な夕日の写真が検索で出てきたからです。

僕のなかで、他の観光スポットよりは優先順位が低かったですが、その時夕日を見に行く選択をできたことはラッキーでした。

 

その日見た、稲村ケ崎からの夕日がこちら・・・

 

f:id:Hirohirona:20161018163220j:plain

 

とても美しくて、この感動を誰かに伝えたいと思いました。

カメラを使おう。

僕は、使い方の分からないミラーレスのシャッターを何度も切りました。

目で見たとおりに、自分が感じたとおりに写真に残したいと思いました。

 

でも、なかなか思った通りに撮れなくて、

僕はその時、ちょっと悔しかったです。

きっと写真がうまく撮れる人なら、この時感じたことをリアルに切り取ることができたでしょう。

 

僕は、もっと写真がうまくなりたいと思いました。

 

 

この日からカメラを本格的にはじめました。

自分の理想通りの写真を残せるように、見た人の気持ちが少しでも動くような写真を撮るために、たくさん勉強しています。

 

そして、いろいろな場所にカメラをもって出掛けるようにもなりました。


カメラさんぽ~鋸山~ カメラを手にすると、旅が変わるよ

 

みなさんは、どんなきっかけでカメラをはじめましたか?

それとも、これからカメラを始めるのでしょうか?

 

人とカメラとの出会い、気になります。

色々な人に聞いてみたいな。