ヒロナblog

1992年生まれ♂。2016年より会社員やってます。浪人したり転職ブランクつくったり、流れ流され生きています。暇なときに読みに来てもらえるようなブログを書いていきたいと思っています。カメラ、映画、音楽(B'z,COLDPLAY)

赤点すれすれの部活バカだった僕が青山学院大学に受かるためにやったこと【浪人して良かったこと②】

f:id:Hirohirona:20190306231858j:plain


こんにちは!

 

前回に続けて浪人体験談を書いていこうと思います。

 

 

入学まではこちら↓

www.hironablog.com

 

僕は、日本史選択の私大文系です。

そこのところ( `・∀・´)ノヨロシクデス

 

僕は予備校(駿台)のGMARCHコースに入りました。

GMARCH・・・学習院、明治、青学、立教、中央、法政

 

 

まわりはみんな、今年度の早慶上智GMARCH受験者ばかり。

入学早々、驚愕しました。 

 

僕のように現役時代、日東駒専をメインで受験していた人はほぼいませんでした。

 僕が高校の定期テストで赤点すれすれだったことは秘密です

 

やっていけるのだろうか。。。

 

 

初日のホームルームで感じた感想がこれでした。

そんな予備校の雰囲気にビビりながら僕の一年が始まりました。

 

高校時代をほとんど部活に捧げたと言っていいほど、勉強していなかった僕ですが、

浪人を経て、青山学院大学に合格しました。

予備校に入った当時は想像もしていませんでした^-^

 

 

そんなに勉強得意じゃないけど、浪人して上を目指すことを決めたアナタに、このブログを書いています!

予備校入学当時の自分にメッセージを届けるつもりで^-^

 

暇つぶしにでも読んで行ってください。

 

 

 

 

まずは、前提から・・・・。

 

 

 

素直に予備校の授業受けよう

 

英語・国語(現代文・古文・漢文)は、なかなか自分では勉強できないですよね。

何をやったら、点数に繋がるのか分からないですし。

 

僕はバカだから分からなかったw

※出来る人は、何を覚えれば点数に繋がるのか分かっています。

それが僕らと勉強できる奴の差です。

 

何やったらいいか分からない人は、とりあえず授業を全力で受けましょう

授業前までにペラペラとテキスト見て予習しておきましょうね。

予備校生の基本ですねw

 

 

僕は、時間が許す限り

予習→授業→復習

を繰り返しました。

 

僕は、それまで予習なんてやったことがありませんでした。

一応やってはみるけど、これは予習できてるんだろうか。。

そんな疑問を抱えつつ、毎回講義を受けていました。

 

でも、最初ってそんなもんなんですよね^-^

 

何度も“予習からの授業”を続けていくと自分が分からない箇所が分かるようになってきます。

すると授業を最初から最後まで全力で聞こうとしなくても、自分が分からないところを集中して聞くことができます。

 

予備校に通い始めて、初めて予習の重要性を知りました(^-^;

勉強ってこうやるんだ!っていうのが分かったような気がしました。

 

 

 でも、ほんっとうに英語が苦手な人は、授業聞かないと分からないですよね。

予習しても訳が分からない。時間だけが過ぎていく。。

→そんな時間、ムダですw

日本史でもやってましょうw

 

最初のうちは、授業内で勉強した内容が理解できればいいと思います。

だから、授業の復習メインでいいと思います。

その分、分からなかったところは、先生に質問に行きましょうね

 

 

 

予習は重要だけど、一番力を入れるべきことは復習です。

 

まあ、予備校入ったら講師なり、スタッフさんなりに必ず予習・復習やるように言われると思います。

素直に従いましょう。。 ('ω')ノ

 

 

僕は、とにかく最高のコンディションで授業を受けることにしました。前日しっかり寝て👍

そして、復習。

 

 

 

 

 

日本史はどんどん進めよう

 

僕は、英語・国語は復習メイン、その他(日本史)は予習メインがベストだと思います。

日本史は予備校の授業のペースなんて気にせず、どんどん進めましょう!

 

  • 暗記は頻度

暗記科目は時間をかけるより回数を重ねることが重要です。

これは自信を持って言えます 。

そのためには、自分で先回りして勉強しておいて授業で復習

その後に問題演習をするのが効率が良いです。

 

何度も忘れて何度も思い出すから記憶に定着するのです。

 

  •  自信に繋がる

 日本史は暗記科目です。覚えれば即、点に繋がります。

どうせ最後には全部覚えるしかないんだから、さっさとやってしまいましょう!

日本史を得点源にしてしまいましょう。

 

英語・国語系の点数が伸びてくるのは半年過ぎてからです。

残念ながら。。

それに比べ、日本史の点はすぐに伸びます。

得点源にして、自信にしましょう!

 

 

 

・・・・・・。

 

やり方が分からない?

山川出版社の日本史の教科書、難しすぎ?w

 

分かります分かります。

僕もそうでした。

何度も日本史をはじめては挫折して、もう一回最初からやり直して挫折してを繰り返しました。

 

そんな感じで教科書の最初の方ばかり詳しくなっていきましたw

僕は、高校の時は原始・古代のスペシャリストでしたね

しょうもなっ

 

でも、原始・古代は入試じゃほとんど出ないんですよ。。。

 

教科書には用語がありすぎて、重要ポイントが分からないし、

流れがつかめない。。。

分からなすぎて、古代から先にいけない!

 

 

そんな悩めるアナタにコレ↓

 

 

 

 

僕の日本史の勉強は、ほとんどこの実況中継シリーズでした。

まさに授業を受けているかの如く、話ことばで進んでいきます。

読みやすさNo.1です。

 

 そのため歴史の流れが分かるし、点数に繋がる要点も分かります。

僕はこの本で、どんどん進めていきました。

 

どんどん進めて、予備校の授業で復習。

僕はこれで、日本史がどんどん分かっていきました(^^♪

 

高校の授業についていけなくて眠くなってた人に是非おススメです。

 これで、流れと要点をがっしり掴みましょう!

 

 

 

 

 

 

良く寝よう!

 

 僕は、高校で現役合格を目指していた時は睡眠時間を削って勉強していました。

 

一日4~5時間くらいしか寝ていませんでした。

でも、結局昼間に眠くなったり、

頑張って起きようとしているだけの時間がありました。

 →ムダですね

 

 

これだけは、声を大にして言いたいです。

世の浪人生、

ちゃんと寝ろよー!

 

 

しっかり睡眠時間をとって、心に余裕をもって勉強しましょう!

寝るときは寝る。

やるときはやる。

 

生活習慣を正して、心に余裕を持っていると、

勉強が楽しくなってきますから。

これが浪人して、予備校に通って、良かったことだと思っています。

初めて勉強が楽しいと思えました!

 

勉強の仕方を教わって、成長している自分を感じて。

そんな毎日は、楽しいです。

 

 

 

 

 

見つめなおそう!

 

浪人が決まったのも、点数が伸びなかったのも必ず自分に原因があるはずです。

現役のときに何が足りなかったのかを追及しないと、同じ過ちを繰り返してしまいます。

 

最高の予備校に通うことより、最高の講師に出会うより、自分を見つめなおすことが一番重要であると考えます。

 

勉強スタイルも、勉強時間も、根性ではなく頭を使って管理していきましょう!

何をどう変えたらより良くなるのか。

 

何度も何度も探索していきましょう。

 

ヒロヒロナ