昨日の僕と明日からの僕

1992年生まれ♂。2016年より会社員やってます。浪人したり転職ブランクつくったり、流れ流され生きています。暇なときに読みに来てもらえるようなブログを書いていきたいと思っています。カメラ、映画、音楽(B'z,COLDPLAY)

センター試験と暗い明日?(お疲れ様でした)

f:id:Hirohirona:20190120202123j:plain


初めてブログにいらして下さった方、初めまして!2度目の方、ありがとうございます。

こんにちは。ヒロヒロナです。

 

昨日、今日の話題といえば、センター試験ですね。テレビやTwitterなどでもセンター試験を話題に盛り上がっていましたね。受験された皆様、本っ当にお疲れ様でした。

 

大学に受験で進学する人のほとんどが受験するセンター試験。僕も大学受験のときに受けに行きました。カイロをいろいろなところに貼って寒さ対策をやりまくっていたことが、真っ先に思い浮かびます。靴下も二枚重ねでした。

冷え性からしんどっかったっけなぁ。。

 

僕は当時、国立大向けと私立大学のセンター利用向けに受けました。この日のためにひたっすら問題を解いて、体調を万全にして迎えた当日。僕のセンター試験は、どうだったか?

 

 

ダメでした。

 

めちゃめちゃ勉強できそうな見た目の他の受験生。他の受験生が問題を解き進める鉛筆の音。緊張感のある会場の空気。今までの努力が成果がこの数時間で決まってしまうというプレッシャー。寒さ・・・。

完全に飲まれました。時間配分から何から何まで崩れてしまいました。

 

茨城の田舎の会場だったので、試験後近くまで親に車で迎えに来てもらったのですが、親も期待もあったので、できなかったよ。。とは言えず。

でも、自分ではとっくに分かってるんですよね。この出来栄えじゃ、目標には到底到達していないということ。それがまたつらい。

 

親が帰りに「お疲れ様ってことで、温かいものでも食べて帰ろう」と言って食事に連れて行ってくれたんですけど、なんかとても申し訳ない気がしたのを覚えています。

 

翌日は高校で解答速報を見ながら採点と、今後どうするかの担任との話し合い。それがまた、めちゃめちゃ行きたくない。

こんな点数しかとれなかった僕が、今のままの志望校のままで良いのか、志望校のランクを下げて対策をしたほうが良いのか。。。

 

悩みに悩んだ、苦い思い出の残るセンター試験でした。

 

もしかしたら、あの日の僕と同じ気持ちで今を迎えている人もいるかもしれないですね。このブログを見ていてくれているあなたも。

 

受験は結果がすべてのゲームなので、「頑張れば大丈夫!今からでも夢は叶う!」なんて無責任なことは、僕は言えません。僕も何度も打ち砕かれてきましたから笑

 

でも、勉強を続けるのであれば、強すぎるくらい自信を持って勉強に向かってみて欲しいのです。今回のセンター試験で自信がなくなってしまった状態で、次の試験まで勉強を続けるのだとしたら、非常に効率が悪いです。

残されたチャンスが小さいものになってしまいます。

 

大学受験・公務員試験・ITパスポートなど様々な試験を受けてきた僕が、経験から言えることは、自信を持って勉強している時が一番記憶に残るということです。

 

 

「自分は大丈夫だ。できる。」と思いながら問題に、向き合ってみてください。例え解けない問題であっても。(精神論かよ!という突っ込みが来そうですが笑)

 

今まで僕が関わってきた、受験成功組の人たちは確実に自分に自信を持って勉強に打ち込んでいました。

僕が何か難しい勉強をするとき、高校の成績で校内一位をほぼ毎回とっていたK君(志望のW大学へ)の言葉が、未だに蘇ります。

「できると思ってやらなかったら、頭に入らないよね。」と。

彼らは知ってか知らずか、自信を持って勉強に取り組む姿勢が身についていたのだと思います。

 

自分に自信がないときほど、「できない。分からない。ヤバい。」と、ネガティブな言葉を心で唱えがちではありませんか。そして、思考停止していませんか。

どうか自信をもって取り組んでみて欲しいのです。ネガティブ思考で潰れていく人の一人にならないで欲しいのです。そうすれば、きっとチャンスは広がります。

 

こんなことしか言えないですが、きっとどんな失敗もハッピーエンドへのスパイスになるはずです。自分を信じましょう。

 

今日のセンター試験、うまくいった方はその調子で♪

 

受験生の皆さん。今日はあたたかいもの食べて、ゆっくりお休みください。

おつかれさまでした。

 

ヒロヒロナ